正しく知り、正しく恐れよう ―新型コロナウイルスから考える情報との付き合い方

新型コロナウイルス その他

こんにちは。めぐです♪

今回からは、今世界中を騒がせている新型コロナウイルスについて書いていきます。

「新型コロナウイルスって実際どうなの?」
「何をどれくらい気を付けたらいいの?」
私は生物学専攻で、生物学や医学について一般の人より少し詳しいイメージがあるためか、最近周りの人に新型コロナウイルスについて聞かれることが度々ありました。

同じように、新型コロナウイルスに脅威を感じている人たちが、自身や家族の身の振り方(行動)を考えるための助けになればと思い、新型コロナウイルスについての情報を調べ、できるだけ分かりやすくまとめていきたいと思います。

*ただし、私の専攻は生物学であって医学ではなく、医者でもなければ医療従事者でもありません。これらの情報をどう受け止めるは個人の判断になります。 あらかじめご了承いただきますよう、よろしくお願いいたします。

はじめに

これから新型コロナウイルスについての情報を書きますが、その前に、そもそもウイルスとは何なのか?というウイルスの基礎知識についてまとめます。

「そんなのまどろっこしいから新型コロナウイルスが大丈夫かどうかを教えてほしい!」と感じる方もいるかもしれません。

ですが、私がこの一連の騒動で一番恐ろしいと感じるのは、「みんなが新型コロナウイルスがどういうものかをほとんど知らないがために、周りの情報に振り回されていること」です。

インターネットが普及したこの現代社会では、多くの情報であふれかえっています。それらの情報の中には、本当に有益なものもあれば、まったく信ぴょう性のないもの、悪意のあるものあります。そのため、本当に正しく、自分に必要な情報を取捨選択していく必要があります。

何事も結論が一番大事なため、忙しい現代ではついつい結論だけを求めてしまいがちです。

ですが、悪意の有無に関わらず、その結論には必ず「誰か」の意図が入っています。ですので、結論のみを求めるというのはその「誰か」の意図にそのまま従うことになります。

「誰か」が信頼できる人なら問題はないかもしれませんが、多くの場合、ネット社会では「誰か」は名前も知らない他人です。また、ネット社会には様々な人の利害が交差しているため、「誰か」の意図をそのまま受け入れるのは、危険な行為だと思います。

私がインターネットで情報を得る際には、 その情報が本当に正しいのか、自分の頭で判断することを大切にしていますが、それには知識が必要です。知識があれば、本当に恐れたほうがいい情報と、恐れなくても問題がない情報を判断できますので、情報に過剰に振り回されることはなくなります。

知識を得る最良の方法は「本を読むこと」だと考えていますが、本を読むことは時間がかかりますし、専門分野になると、そもそも本を読むためにも知識が必要だったりして、現実的ではない場合もあると思います。

このブログでは、そういった方たちが効率よく知識を集められるように、その情報を判断する上で必要な基礎知識をできるだけ分かりやすく説明していきたいと思います。そのため、多少まどろっこしく感じられることもあるかと思いますが、それが私の基本方針ですのでご了承ください。

新型コロナウイルスの記事一覧

新型コロナウイルスについて正しく知っていただくために、できれば基礎知識①から読んでいただくことをお勧めしますが、「どうしても結論を早く知りたい!」という方は、関連情報のまとめ① に新型コロナウイルスに関する現時点での情報をまとめていますので、そちらをご参照ください。

コメント