幼児英語教育に対するわが家のスタンス

英語教育

こんにちは。めぐです♪

前回の記事で、わが家がワールドワイドキッズ(通称WWK)を始めた理由についてご紹介しましたが、その補足として、「幼児英語教育に対するわが家のスタンス」についても少しお話したいと思います。

「幼児英語教育は本当に効果があるの?」という疑問は、多くの方が気になっている疑問だと思います。

まだ日本語も十分に話せないような小さいころから英語を学習することに本当に意味があるのか、という点については私もいろいろと調べましたが、人によって意見がばらばらであり、科学的な根拠があるものがほとんどなかったためここではふれず、あくまで私の主観でお話ししたいと思います。

「英語は〇歳までに始めないと手遅れ」はホント?

さまざまな幼児向け英語教材があふれる現代、広告等で「英語は〇歳までにはじめないと手遅れになる!」など、私たちの不安をあおるような言葉を目にすることも多いかと思います。

そういったフレーズをみると私も気になっていろいろと調べてみるのですが、それらの広告のなかで科学的な根拠に基づいていると感じられるものには未だ出会っていません。多くが自分たちの商品を買ってもらうための謳い文句だと感じています。

私自身の考えでは、英語の学習は本人が「英語を話せるようになりたい」と自分で勉強するようになってから始めても十分間に合うと思っています。

その場合、発音はネイティブスピーカーのようにはならないかもしれませんが、英語はあくまでも世界の人たちとのコミュケーションを楽しむ「ツール」 にすぎないと考えていますので、ネイティブのような発音でなくでも相手に伝わればまったく問題ないと思います。

実際に、私の周りにも大人になってから「海外で仕事がしたい!」と思い立ち、ほとんどカタコト英語で海外に飛び出した知り合いを何人か知っていますが、みんな現地の人たちに交じって楽しく充実した毎日を送っています。

「相手とコミュニケーションをとりたい!」という強い気持ちがあれば、言語の違いは大した障壁にならないんだなあと実感させられます。

「英語耳」を育てるなら幼児期がベスト

そんな考えの私ですが、大人になってからでは取り戻すのに苦労するものがひとつだけあると考えています。

それは「耳」です。

幼児英語教育の効果については賛否両論でいろいろな意見が飛び交っていますが、英語の発音を聞き分ける「英語耳」を養うのは大人より幼児期の方が適しているというのは、大体共通した見解のようです*。

*例えば、日本語の環境で育っていると「L」と「R」を聞き分ける能力は生後10~12か月までに低下します(参考文献:Kuhl PK. Early Language Learning and Literacy: Neuroscience Implications for Education. Mind Brain Educ 5:128-142,2011)。ちなみに私もまったく聞き分けられません。

確かに私の知り合いにも、幼いころに海外で暮らし、物心つくより前に日本に戻ってきた帰国子女の友人が何人かいますが、英語力自体は普通の日本人と同じくらいのレベルでも、リスニングは人より得意という人が多いので、幼児期に「英語耳」を育てやすいというのもあながち間違いではないかなと感じています。

私自身は、中学で英語の授業が始まるまで英語にまったくふれてこなかったためか、学生時代、英語の勉強自体は比較的得意だったにも関わらずリスニングはまったくダメダメでした。

その結果、スピーキングも壊滅的で、知っているはずの単語や文法がいざ話そうとするとまったく出てこない、典型的な英語コンプレックス日本人でした。

現在は自分で英語を勉強し、海外の人たちとのコミュニケーションを楽しむことができるくらいには成長しましたが、今でもリスニングは苦手で、英語で話しかけられた瞬間はどうしても身構えてドキドキしてしまいます(汗)

そんな自身の経験から、子どもが将来英語を勉強したくなったときにリスニングで苦労しないように「英語耳」だけは養ってあげたい、そんな思いからWWKを始めました。

幼児期の英語教育については賛否両論のさまざまな意見が飛び交っていますが、WWKを始めて楽しそうに英語にふれる子どもの様子を見て、やっぱり始めてよかったなあと感じています。

コメント