ワールドワイドキッズの効果① 開始6か月後・長男2歳3か月

英語教育

こんにちは。めぐです♪

わが家は長男が1歳9か月のころから、「ワールドワイドキッズ(WWK)」というベネッセさんの幼児英語教材をやっています。
(中古購入ですが。汗)

WWKを検討されているお母さんお父さんのなかには、
「ワールドワイドキッズって実際英語をしゃべれるようになるの?」
と気になっている方も多いのではないでしょうか。

そこで、自分たち用の長男の成長記録もかねて、WWKを始めた長男の英語力の推移を不定期で記事にしていきたいと思います。

*WWKの効果に関する記事については、区切りのいいところで適当にまとめていくつもりです。
リアルタイムの記事とは限りませんのでご了承ください。

ワールドワイドキッズの活用状況

ワールドワイドキッズ(WWK)を始めてから約6か月。
2歳3か月になった長男は、一言でいうと英語が大好きです。

特にアルファベットが大好きで、街中でアルファベットを見つけるとすかさず「ABC、ある!」と叫び、暇さえあれば「ABC、くいーず!(訳:アルファベットのクイズ出して!)」といってきます。

アルファベットが好きすぎて、「あんよ、A!(訳:足で”A”の形を作れたよ!見て!)」というオリジナルな遊びを作り出すほどです(笑)

そんな長男の2歳3か月時点でのWWKの活用状況はこんな感じです。

  • DVDはほぼ毎日、20~30分程度視聴。車の移動時間で見ることが多いです。
  • DVDは、私が見せることも自分で見たがることも両方ありますが、今のところ見るのを嫌がったことはないです。
  • DVDは全部で30枚あり、飽きないようにランダムに見ていますが、Stage3(※1)がレベル的にぴったりなのか一番反応がいいです。
  • 英語の絵本を毎日2~3冊読み聞かせしています。こちらから誘導することはほとんどなく、長男が自分から「読んで!」と持ってきます。
  • 「Sound Playboard(※2)」という、カードを差し込んで絵をタッチすると名前を英語で読みあげたり、英語のクイズを出してくれる電子玩具が好きで、気が向くと自分で遊んでいます。(日にもよりますが1日30分~1時間くらいやっていると思います)
  • 付属の玩具(キャラクターのパペット、木製のフルーツや野菜、ネフスピール(積み木)、動物の絵のマットなど)も気が向いたら遊びます。こちらはあまり英語にこだわらず普通の玩具として遊んでいて、長男が英語で話しかけてきたときだけ英語で遊ぶ感じです。

※1. WWKはStage0からStage6までの7ステージに分かれています。(ただしStage0は0歳専用で、わが家は購入していません)
Stage3は「形容表現を使い、物の特徴を説明する体験を。」というのがテーマになっており、色や形、数、大きい小さいなどの形容表現が多く出てきます。(詳しくはベネッセの公式HP参照)

※2.現在は教材がリニューアルされて「Sound Playboard」はなくなり、違う玩具に変わったようです。

こんな感じで、始めて6か月たった現時点でも飽きることなく毎日楽しく取り組んでいます。

長男の取り組み状況に関しては正直予想以上で、今のところ大満足です。

現時点での長男の英語力

2歳3か月の長男はまだ言葉をうまく言うことができず、日本語もたどたどしいような状況です。
そのため長男の英語力を正確に評価することは難しいですが、現時点でできることをあげるとこんな感じです。

  • アルファベット(大文字・小文字の両方)を全部覚えて順番通りに言える。
    (ABCの歌が好きで、よく自分で歌っています)
  • 「R」と「L」、「B」と「V」など、音の違いが難しいものも確実に聞き分けている。
    (アルファベットのクイズを出してくれる玩具があるのですが、いつも百発百中です)
  • 数字を0(zero)から20(twenty)まで英語で数えられる。
    (これには正直驚きました)
  • 一般的なフルーツの名前を英語で言える。
    (リンゴ(apple)、イチゴ(strawberry)、ブドウ(grapes)、など)
  • 一般的な動物の名前を英語で言える。
    (キリン(giraffe)、シマウマ(zebra)、サル(monkey)、カバ(hippo)、など)
  • 基本的な色や形を英語で言える。
    (青(blue)、赤(red)、〇(circle)、△(triangle)、□(square)、など)
  • 「What’s your name?」と聞くと、自分の名前を答える。
    (「My name is …」とか「I’m …」などの文章ではなく、「〇〇!」と自分の名前だけ答える感じです)
  • 「Hello.」「Bye.」「Good night.」「I like it!(それ好き!)」「I did it!(できた!)」など、簡単なフレーズを言える。
  • 自分で英語の文章を組み立ててしゃべることはほとんどないが、簡単な英語の指示は伝わるので、こちらの言っていることは理解している様子。
    (「Clap your hands!(手をたたこう!)、「Touch your nose.(おはなにタッチして)」、「Jump to the lion.(ライオン(のマット)にジャンプして)」、など)
  • 言葉自体がまだ上手く話せないため、発音は全体的にたどたどしいですが、アルファベットの「R」や数字の「12 (twelve)」など、親顔負けのネイティブ発音をするものもあるので、順調に吸収してくれているはず?

始めてたった6か月で、記憶にあるだけでもこれだけのことができるようになりました。

正直言って期待以上の効果です。

特に私たちがWWKを始めた目的は「英語耳」を養うことでしたので*、それについては正直もう達成したようなものです。

*「ワールドワイドキッズ(WWK)を始めた理由」「幼児英語教育に対するわが家のスタンス」参照

何より予想以上に英語が大好きになってくれたみたいなので、このまま無理せず楽しく続けていけたらいいなと思っています♪

コメント